FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんにちは私です。

実は昨日卒業式でした。
晴れの日に雨ってなにさ…orz

「ロストワン」ですが、もう明らかに3月中に終わるの無理です。
本当にありがとうございました。
やっぱりもうちょっと書きだめてから連載開始すればよかった…。

では、今日の超蛇足は「ログ」です。
・この作品のコンセプト

「お別れをちゃんと書く」

・BGM:コブクロ 「永遠にともに」 

・内容について

初の狙った前後編作品。いや、演出上そうしたかったって言うのも確かにあったんですが、
それ以上に話が長いので一度ブレイクタイムを作っておいたほうが皆さん読んで下さるかなという目論見がありました。サーセンwww

前編は極めて普通の話。自分を変えたかった少女が、アイドル活動を通してがしがし成長していくと。
ただ、それだとすごいねーふーんで終わっちゃうんで、雪歩自身が頑張るシーンを入れました。
別にサド的意識があったんじゃないよ。ちょっとはあったけど。
で、雪歩は自分自身の努力によって「幸せ」を勝ち取るわけです。「自分が変わったんだ」的なあれですな。
本当に変わったかどうかはまあさておいて。

後編は一転、雪歩に走ってもらいました。タクシー使えばいいのにとかそういうのは野暮。
で、卑怯にもプロデューサーがつけていた日記を見て雪歩号泣。安っ!!
が、ここには雪歩自身が変わったかどうかの重要な判定が混ざっています。
結局、雪歩は何も変わっていないように見えて、肝心要の部分が劇的に変わったのではないかと。

正直雪歩は「誰かにすがってないと不安でしょうがない」部分が非常に強い子であって、
他のアイドルよりもプロデューサーへの依存度が高いと認識しています。
が、結局雪歩はプロデューサーとの別れを受け入れる。
それこそが1年間で雪歩が手に入れた「変化」であり、もっと強い言い方をすれば「強さ」です。
この辺はゲームでも表現されるんですが、私がSSとして表現したらこうなりました。ひねくれ度MAX。
雪歩にとっての宝物とは「プロデューサーと過ごした一年間」であり、言い換えるなら
「一年間で変わった自分自身」なのです。

最後の最後、雪歩は自分自身の手で日記をつけ始めます。
これはSSで描かれた一年間と最後の別れを雪歩なりに受け入れたことを表現しています。
もう一度やってやろうと。これこそがSSで雪歩が自分のものにした「強さ」です。
もう雪歩はかまってちゃんではありません。
そのあたりを表現したくて最後のセンテンスを入れたんですが、これのおかげで読後感がすっきりしたものを狙えました。

「ログ」もこのサイトでは結構人気な話らしく、アクセス解析の結果でもだいたい毎日上位のほうにいますね。うーむ、今日はこんなもんでどうでしょう。


最後になりましたが、コメントなし拍手の方、ありがとうございます。
「ロストワン」は…たぶん(12)…かそこらまで続いてしまうような…。
スポンサーサイト

2009.03.26 Thu l 超蛇足 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://phalanx456.blog6.fc2.com/tb.php/41-bca59454
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。